Message

代表挨拶

不確実性とどう向き合うか。


グローバル化や科学技術の発展により、私たちの生活はかつてないほど豊かになりました。しかし、それらは同時に、私たちの世界に大きな不確実性をもたらしました。国々がより密接に関連することで、一国で発生した経済破綻や疫病は瞬く間に世界中に伝播するようになりました。新しい技術によって、私たちは様々な情報にアクセスできるようになりましたが、その真偽や重要性を見極めることは難しくなりました。そう遠くない未来、機械が人間に取って代わるのではないか、気候変動で地球は人間が住むには難しい環境になってしまうのではないか、というような言説もあります。

しかし、私たちはそんな不確実性の溢れる世界を生き抜いていかなければなりません。

そのために求められる能力は、仮説を立てて情報を取捨選択し検証する力です。状況が大きく変化するとき、既存の常識が通用するとは限りません。その際、自分の頭で世界を分析し、適切な意思決定を行えばピンチをチャンスに転ずることができるでしょう。

京都瀧本ゼミでは株式投資・企業分析というフィールドを舞台に、皆さんがカオスな世界で生存するための武器を提供します。

不確実性に怯え、右往左往することなく、自分の将来を自らの手で切り拓いていくことができるように。


京都瀧本ゼミ代表

京都大学経済学部

小田 大希